ECO FURN

Lounge 206 のテラスに新しい椅子が仲間入りしました。

出会ってから1年半、遠い北欧から無事にテラスにきました。

この椅子は、木とロープの自然素材だけで作られています。

折りたたんで持ち運びもできます。

解体すると、ものすごくコンパクトに収まります。

そして、この那須より自然環境の厳しい北欧から来た椅子です。

サウナなどでも使える椅子です。

経年変化の美しい椅子なので、これからがとても楽しみです。

緑が美しくなるこれからの季節

テラスでのんびりするのは、いかがでしょうか。

 

 

 

  • 2018.04.18(水)
  • お 知 ら せ ラ ウ ン ジ 2 0 6

なすラジ

ブログではお知らせをしたりしなかったり・・・していたかもしれません。

実は山水閣はラジオにコーナーを持っているのです。

栃木FM(RADIO BERRY)の金曜日朝の番組、【Flying Friday 】の中で

【なすラジ】というコーナーから那須の旬な情報をお届けしています。

実は2007年11月16日(金)が初回放送のこの【なすラジ】のコーナー、

かれこれ11年目を迎えていることが、先月発覚いたしました。

 

午前10:28頃から10:45までの生放送でお届けしている

那須の情報はイベントや美味しいもの、那須の人など、多岐に渡ります。

3月までは「那須どうぶつ王国」さんと「山水閣」の2施設でお届けしていたのですが

この4月からものすごくパワーアップして全部で4施設の担当者が旬な那須をお届します!!

 

3月に新しい施設WETLANDがオープンしたばかりの那須どうぶつ王国。

ハシビロコウやアカカワイノシシ、ジャガーを間近で見ることができます。

もちろん大人気のアルパカやカピバラたちもいつも可愛らしく迎えてくれます。

↑ アカカワイノシシ

 

そして加わるニューメンバーは「ススヤグループ」。

Memories of Life をコンセプトに那須で素敵な想い出を作ってもらいたいと、

様々な施設を那須で展開しています。

↑施設のひとつ、ミッシェルガーデンコートの教会

 

そして「ホテルエピナール那須」がニューメンバーに加わります。

300室を超える大きなホテルですが、とてもアットホームに迎えてくれて

いつお邪魔しても、安心させてくれるホテルです。

↑毎年2月の温泉映画祭にも参加してくれています。

 

11年も続けていますが、まだまだ、お知らせできていない

那須のたくさんの情報をこれからもどんどん発信していきます。

 

 

  • 2018.04.06(金)
  • お 知 ら せ

那須どうぶつ王国 WET LAND

3月17日(土)から通期営業が始まった那須どうぶつ王国

いよいよ明日、年3月24日(土)、新しい施設「ウェットランド」がオープンします。

亜熱帯の湿地にくらす動物達の世界を再現した新施設。

どうぶつ王国初の猛獣、ジャガーも登場します。

ハシビロコウ・ジャガー・アメリカバク・フラミンゴ・ワオキツネザル

シタツンカ・ワニガメ・アカカワイイノシシ・コールダックなどなど

全部で15種類60頭の動物たちが見られる施設です。

施設内は亜熱帯気候になっていて、滝も流れているらしいです。

早く行って、この目で確かめてこようと思います。

 

 

  • 2018.03.23(金)
  • お 知 ら せ 那 須 の お 勧 め 処

第2回 ツール・ド・とちぎ

県内全市町を舞台とした国際公認のサイクルロードレース

ツール・ド・とちぎが今年も開催されます。国内外から15チームが参加するラインレースです。

昨年の開催と、今年の開催で栃木県内を網羅するコースで

今年も3月23日~3月25日までの3日間、行われます。
23日 第一ステージ

渡良瀬遊水地でのタイムトライアルレース
24日 第二ステージ

スタート:小山思いの森(小山市)

フィニッシュ:日光だいや川公園(日光市)

通過予定市町:小山市、野木町、栃木市、壬生町、鹿沼市、日光市

距離:105km
25日 第三ステージ

スタート:那須町スポーツセンター(那須町)

フィニッシュ:井頭公園(真岡市)

通過予定市町:那須町、那須塩原市、大田原市、那珂川町、

那須烏山市、茂木町、益子町、真岡市、下野市、上三川町

距離:147km
那須町は25日のスタート地点になっています。

それに伴い、交通規制がありますので事前に確認の上、那須へお越しください。

そして、栃木県内のどこかで走っている選手たちを見かけたら応援などいかがでしょうか。

那須町のプロチーム那須ブラーゼンも走っています!!

  • 2018.03.22(木)
  • お 知 ら せ サイクリストの皆様へ

那須ロープウェイ運行開始

この写真に写っているのは那須ロープウェイ初代ゴンドラ「りんどう号」です。

昭和37年10月に運行を開始した当初、乗車人数は36名でしたが、

今、那須岳を優雅に運行しているゴンドラには111名が乗車できます。

冬の間、大丸温泉から上に向かう道は雪の為閉鎖されているのですが、

3月16日に大丸ゲートから那須ロープウェイまで解除され

4月2日には那須ロープウェイから峠の茶屋まで解除されます。

そして、ロープウェイは3月17日に今年の営業が始まります。

まだまだ、雪が残る那須、茶臼岳ですがこの時期だけの山の景色もお楽しみください。

  • 2018.03.16(金)
  • お 知 ら せ 那 須 の イ ベ ン ト

那須まで直通高速バス 無料で乗車キャンペーン

庭のフクジュソウがようやく芽を出しはじめました。

すこしずつ那須にも春の気配が届きはじめたところです。

さて、春の那須旅におすすめの耳寄り情報。

バスタ新宿と栃木県・那須温泉を結ぶ高速バス「那須・塩原号」に、

3月1日から新たに那須温泉直通便の運行が開始されました。

1日1便、運賃は往復で大人6070円。

より気軽に那須へお越しいただけるようになりました。

直通運行開始を記念してスペシャルなキャンペーンが開催中です。

「那須まで直通高速バス 無料で乗車キャンペーン」

※3月20日~30日までの10日間の期間限定※

※先着50名様まで受け付け中※

詳しくは下記の那須温泉旅館協同組合HPを確認してください。

バスのご予約はお客様ご自身で「那須温泉旅館協同組合事務局」へ

電話でのご予約をお願いいたします。

  • 2018.03.15(木)
  • お 知 ら せ

2018年3月9日 山小屋山水閣の日

いよいよ来週は今年で5回目を迎える「山小屋山水閣」。

山水閣は宿屋として、「快適に、心地よく、日常を離れて過ごす」を提案してきました。

2011年の大震災の後には計画停電で多くのお客様にご迷惑をかけながらも

悩みながら営業を続けることができました。

日常が戻りつつあると、エネルギーには限りがあることを忘れそうになっています。

そして、旅館では毎日多くのエネルギーを使います。

だからこそ、使うことが当たり前になり、使わなくてはままならないと思ってしまうのです。

毎年、この山小屋の日を迎えるにあたり、一年のうちにたった一日でも、

エネルギーを極力使わない日を作ったことを思い出し、立ち止ります。

この山小屋を毎年楽しみにしてくれているお客様ができました。

山小屋から私たちに共感してくださり、結婚式を挙げてくださったカップルもいます。

夜のFire barで寒い中、焚き火にあたりながらお客様と話をすることが楽しみです。

「山小屋山水閣」は宿の在り方からすれば、矛盾しているかもしれません。

≪エネルギーが使えないことは不便ではなく、必要最低限で心地よく過ごす≫

これはこの古い宿だからこそできる提案だと思えるようになりました。

この一年に一日の「山小屋山水閣」は流されそうになる日々の中で足を止め、

しっかり考える日になったことは≪山小屋山水閣≫を始めたことには思いもよりませんでした。

旅館が山小屋になってもおもてなしは変わりません。

この取り組みをご理解いただき、そしてスタッフと一緒に楽しんでいただけると幸いです。

 

 

 

 

営業中とは思えない館内はスタッフにとっても新鮮な空間です。

 

 

 

震災の日はとても寒く、震災の後は雪が降ったことを覚えています。

昨年は、雪の降る極寒の屋外で、電気自動車から電気を引き、

どれくらいの携帯電話を充電することができるかを試しました。

今や携帯電話は必需品となっています。

いざというときは山水閣の電気自動車が大活躍することが判明しました。

さて、今回はどんな実験をしようか、今からまた考えます。

 

 

お酒を飲まなくても、Fire Bar を楽しんでもらえるように

マシュマロを焼いたり、自分でおせんべいを焼いたりしてもらいます。

コーヒー豆を自分で焙煎してもらった年もありました。

薪を割ってもらった年もありました。

さて、今回は何をしましょうかね、マスターは考えております。

そして、例年通り、マスター渾身のこの日限りのカクテルも登場します。

 

 

そして、山小屋山水閣でのご宿泊は通常のご料金からお一人様4000円安くなっています。

さらに、エネルギー削減=値引きとなる仕組みがあります。

さまざまなアイテムをご持参いただくと、チェックアウト時、清算の際に割引をしているのです。

◎マイお箸  お一人様 300円引き

◎マイタオル お一人様 500円引き

◎マイパジャマ お一人様 500円引き

 

それでは2018年3月9日の山小屋山水閣でお会いしましょう。

ご予約はこちらから。

お電話でのご予約は 0287-76-3180

 

 

 

  • 2018.03.03(土)
  • お 知 ら せ 宿 泊 プ ラ ン

那須温泉映画祭~山水閣編~

那須温泉映画祭では山水閣も会場のひとつになっています。

山水閣の開催日は2018年2月18日(日)です。

 

上映作品は【映画 深夜食堂】

(c) 2015安倍夜郎・小学館/映画「深夜食堂」製作委員会

 

 

漫画が原作で、テレビドラマにもなり、映画も2本作られている大人気の映画です。

繁華街の一角にあるこぢんまりとした深夜にしか営業しない食堂「めしや」を舞台に、

店主と客たちが織りなす涙と笑いに満ちた人間模様の繰り広げられます。

映画に欠かせないのがマスターが作る美味しい料理の数々。

この映画にヒントを得て、落ち着けるような空間として

映画のようなこじんまりとした居酒屋を宿の一角に設けます。

気兼ねなくフラッと立ち寄ってしまう場所。

そこでは何を食べても美味しい。そして、何を飲んでも美味しい。

そんなありそうで、なさそうな居酒屋「やどや」です。

 

≪期 日≫ 2018年2月18日(日)

≪場 所≫ 那須高原の宿 山水閣 ロビー

≪開 場≫ 17:00

≪上 映≫ 18:00

≪入浴時間≫ 17:00~24:00

≪料 金≫

●映画と入浴 1000円(消費税込)

●居酒屋 3000円(消費税込)(料理は好きなだけ食べられるスタイルです)

●飲 料 オーダー制(都度ご注文ください)

●宿 泊 5000円(消費税、入湯税別)

※2月18日の素泊まりに関しては、映画祭にご参加くださったお客様限定の料金です。

※素泊まりのみではお受けできませんことをご了承ください。

 

ご予約はお電話にて受け付けております。

0287-76-3180

(席が埋まり次第締め切りとなります。)

 

 

  • 2018.02.11(日)
  • お 知 ら せ 那 須 の イ ベ ン ト

那須温泉映画祭2018

那須温泉旅館協同組合那須フィルムコミッションの共催の

那須温泉映画祭が今年も開催されます。

期間は2018年2月13日~2月19日までの7日間。

那須地域の宿泊施設が上映会場となって、

映画にちなんだ見方、宿泊施設の特色を打ち出した見方で

鑑賞するちょっと変わった映画祭です。

冬の那須は・・、ちょっと静かです。

冬だからこその楽しみとも言えるかもしれません。

毎年、映画祭のポスターを描いてくれるのは

那須生まれ、那須育ちのイラストレーター米倉万美さん。

今年で4回目を迎える映画祭ですが、

このポスターを楽しみにしていてくれるお客様も多いようです。

  

第1回目はオジサン          第2回目はオバサン

 

   

第3回目は桶のオジサン        そして今年は7人のオジサン

 

さて、今年の上映会場と上映作品です。

上映は昼上映と夜上映の2回あり、会場と作品が異なるので

温泉映画祭の公式サイトFBページで確認してみてください。

2月13日(火)

【昼】上映無

【夜】休暇村那須~ゼロ・グラビティ~

開場 18:30 / 上映 19:00
2月14日(水)

【昼】上映無

【夜】松川屋那須高原ホテル~幕末太陽傳~

開場 19:30 / 上映 20:00
2月15日(木)

【昼】中藤屋旅館~ふたりの桃源郷~

開場 11:00 / 上映 12:00

【夜】モンゴリアビレッジテンゲル~チャンドマニ~

開場 16:00 / 上映 17:00
2月16日(金)

【昼】中藤屋旅館~レネットとミラベル/四つの冒険~

開場 11:00 / 上映 12:00

【夜】ホテルエピナール那須~SING~

開場 19:30 / 上映 20:00
2月17日(土)

【昼】旅館清水屋~ふたりの桃源郷~

開場 11:00 / 上映 12:00

【夜】ホテルサンバレー那須~緑の光線~

開場 19:00 / 上映 19:30
2月18日(日)

【昼】雲海閣~チェ28歳の革命~

開場 11:00 / 上映 12:00

【夜】那須高原の宿 山水閣~映画深夜食堂~

開場 17:00 / 上映 18:00
2月19日(月)

【昼】雲海閣~チェ39歳別れの手紙~

開場 11:00 / 上映 12:00

【夜】特別会場ITTAN~アンナプルナ南壁7400mの男たち~

開場 17:00 / 上映 18:00

 

さて、さて、山水閣はどんな上映になるかは明日お知らせします。

 

 

 

 

  • 2018.02.10(土)
  • お 知 ら せ 那 須 の イ ベ ン ト

那須で日本一の天然トラフグをフルコースで食す一夜のご案内

 

那須の山の中で、山水閣で、美味しい天然トラフグが食べられる日がやってきます!

 

那須の食は野菜、肉、乳製品と季節ごとに様々な味で私たちを楽しませてくれます。

しかし、栃木県には海がありませんので、海の幸をご提供することはなにかと難しいのであります。

ふぐであればなおさらで、旬を迎える美味しいふぐが食べたい。この那須で・・。宿で・・・。

そんな、夢のような話を宿主はしておりましたが、いよいよ実現します。

日本味の宿」の出会いがご縁で出会った、【和味の宿 角上楼 】

この企画に協力してくださり、旅館&旅館のコラボが実現します。

愛知県渥美半島の伊良湖岬で昭和元年に創業した純日本旅館であり、

日本一の天然トラフグの宿としても有名なお宿です。

角上楼は伊良湖の魚市場より毎日その時節、最良の地魚を、料理人であるご主人自ら仕入れています。

ふぐの旬は「秋の彼岸から春の彼岸まで」と言われており、

その旬のど真ん中の日本一の天然物の極上トラフグを、角上楼ご主人自らが、最良の調理法でご用意いたします。

 

    

 

    

 

 

 

推薦人 柏井 壽 エッセイスト

「こちらでいただけるふぐは、その立派な魚体からは想像もできない程に繊細な味わい。

白身魚のもつ淡白さに、ねっとりとしたコラーゲンの旨みが重なる。

されど、「和味の宿 角上楼」はふぐだけを目指す宿ではない。

まず楽しむべきはその佇まい。鄙びた地にあって、いぶし銀のようにきらりと光る宿。」

かしわい・ひさし/ 1952 年京都府生まれ。

生粋の京都人であることと旅行好きであることを生かし、

京都関連の本や旅行エッセイなどを数多く執筆。

テレビや雑誌の京都特集の監修やコーディネートも務める。

著書に「おひとり京都の秋」、「極みのローカルグルメ旅」等がある。

 

開催日 2018年2月26日(月)

この日の宿泊のご夕食は「天然トラフグのフルコース」でご用意いたします。

ご予約はこちらから。

 

夕食のみ お一人様 18000円(税別)

※お子様をお連れのお客様は組数が限られております。

小学生 大人料金の70%(大人に準じた料理)

幼稚園生 大人料金の30%(お子様料理)

お電話 0287-76-3180(9:00~21:00)

 

  • 2018.01.30(火)
  • お 知 ら せ 宿 泊 プ ラ ン

山水閣通

カテゴリー

アーカイブ

TOPへ