ラウンジ206

lounge206.jpg

 

キャンドルが灯る夜は、ソファで寛ぎながら、会話とともにお酒をゆったりと愉しむ場所。上質を大切にしたラウンジでのひとときをお過ごしください。ミクロソジーカクテルや、季節のイベントをご用意しております。
LOUNGE206ではバーの他にパーティやウェディングなど多目的にも利用できます。
貸切の場合はご利用を遠慮させていただきます。

 

バータイム
21:00〜24:00

セルフスタイルバー
〈日程〉3月24,30日、4月5,12,13,14,18日
〈営業時間〉20:00〜23:00

 

 

 

「セルフスタイルバー」とはカウンター前のテーブルにウイスキーのミニボトルやビールの小瓶、スパークリングワイン、赤白ワイン、ソフトドリンク、乾き物等のおつまみをご用意しております。そちらの商品をお召し上がりいただき、お客様自身で伝票に記入をして頂いております。

 

 


ラウンジ206メニューのご案内


 

スコッチウィスキー
グレンフィディック12年、ザ・マッカラン12年、ザ・マッカラン18年、アードベック10年、ボウモア12年、ラガヴーリン16年

 


 

日本のウィスキー
山崎12年、山崎18年、竹鶴17年、竹鶴21年、響17年、響21年

 


 

ブランデー
ヘネシーVSOP、カミューVSOP、カルバドス(林檎)

 


 

オリジナルカクテル
カクテル206、オーガストセブン、柚子ギムレット、その他お作りいたします

 


 

自然派ワイン
ご用意しております

 


 

ウォッカ
スミノフ赤、ズヴロッカ

 


 

ラム
バカルディホワイト、マイヤーズダーク

 


 

ジン
タンカレー、タンカレー NO,10、ボンベイサファイア

 


 

おつまみ
自家製ピクルス、夜のパフェ、夜のあんみつ、チーズの盛り合わせ、他

 


 

  • 2017.03.25(土)
  • ラ ウ ン ジ 2 0 6

第一回ツール・ド・とちぎ開催!!

2017年3月31日(金)、4月1日(土)、4月2日(日)の3日間にわたって開催される

第一回ツール・ド・とちぎは栃木県全域を舞台に行われるロードレースです。

1日目は日光市から足利市からまでの115km

2日目は茂木町から那須町までの102km

3日目は矢板市から宇都宮市までの103kmで行われます。

開催にともない、3日間は県内各所で交通規制が行われます。

交通規制情報を事前にご確認の上、安全にお越しください。

那須町がステージとなるのは、2日目のお昼時です。

2日目のゴールが「道の駅 那須高原友愛の森」です。

11:20頃から両郷交差点入口の通行止めに始まり、

各道で交通規制があり、ゴール地点の友愛の森周辺の

通行止めは12:10~13:30の予定です。

混雑、渋滞も予想されますので、お時間に余裕をもって、

那須にお越しくださいませ。

そして、是非一緒に応援をするというのはいかがでしょうか。

もちろん、那須ブラーゼンも走ります!!

 

  • お 知 ら せ サイクリストの皆様へ

ふるさと納税をご利用のお客様へ  3月20日更新

ふるさと納税を利用して、ご宿泊いただくお客様が増えておりまして

那須町にあります山水閣としては、とても嬉しい限りです。

ふるさと納税とは、好きな地域(都道府県、市町村)を選んで寄付ができる仕組みです。

那須町への寄付で選べるお礼の品のひとつに、山水閣のペア宿泊券があります。

本当にありがとうございます。

多くお問い合わせを頂く内容としては、宿泊の空き状況です。

納税してくださったお客様のご予約はお電話で承っております。

招待券の有効期限間際になりますと、ご希望の日程がご用意できない状況となっており、

日程の再検討をいただき、本当に心苦しく思います。

今現在、皆様のお手元にある招待券の有効期限は6月末、7月末のお客様が多いかと思います。

7月末までの空き状況をカレンダーにてお知らせいたします。

黒塗りの日はすでにご予約がいっぱいの日でございます。

ご確認いただけますようお願い申し上げます。

 

 

ご予約、お問い合わせはお電話にてお願いいたします。

ご予約の際は、お手元に招待券をご用意下さいますようお願いいたします。

電話 0287-76-3180(9:00~21:00)

 

  • 2017.03.24(金)
  • お 知 ら せ

Nasu Blasen Jプロツアー初優勝

那須には Nasu Blasen(那須ブラーゼン) という
プロサイクルロードレースチームがあります。
山水閣もスポンサーとして応援しています。
2012年に誕生して、今年で5年目。
今シーズンのJプロツアーの第二戦が3月19日に行われ
ブラーゼンの吉岡選手が優勝しました。
ブラーゼンとしても初優勝です。
ようやく手にした優勝にとても嬉しくなりました。
野球やサッカーではなくて、
那須のホームチームは
ロードレースのプロチームなんだと、
昨日の優勝で改めて実感しました。
那須街道を自転車で走っている選手。
那須のさまざまなイベントに協力してくれる選手。
那須にいると普通に会える選手。
しかし、彼らはプロ選手。
今シーズンは始まったばかりです。
これからも山水閣は Nasu Blasen を応援します。

 

 

 

  • 2017.03.20(月)
  • お 知 ら せ サイクリストの皆様へ

高久加奈子展 2017年3月17日~4月9日

染色造形家の高久加奈子さんの個展を山水閣にて開催します。

山水閣便り 2016年冬 第42号でも紹介しました作家さんです。

「最後の最後に、薬品で失敗することもあって・・」

下書きを何度も何度も繰り返し、準備を入念に行い、布の上では一発勝負。

小柄で愛らしい彼女からは想像もできないほど大きな作品に驚きます。

圧倒的な色の重なりと、緻密さは長い時間、見惚れるほどです。

 

  

 

開催期間  2017年3月17日(金)~2017年4月9日(日)

場  所  山水閣1階 特別室フロア

時  間  午前11時~午後6時

展示は無料でご覧いただけます。

 

  

 

高久加奈子

2001年 金沢美術工芸大学 工芸家染色専攻 卒業

2003年 沖縄県立芸術大学大学院 生活造形科染色専攻 修了

2009年 新匠工芸会 会友

2013年 新匠工芸会 会員

現 在 那須塩原市にて製作活動中

 

  • 2017.03.16(木)
  • お 知 ら せ

3月15日は雪の朝

 

まだ、チラチラと雪が舞っている朝です。

道に積雪はないのですが、しっかり空からは降っております。

気温もグッと下がっています。

春な気分ではありますが、那須はまだ冬のようです。

温かな格好でお越しくださいませ。

 

 

  • 2017.03.15(水)
  • お 知 ら せ

スタッフの好きな部屋 第三位「源平」

スタッフの好きな部屋第三位は「源平」でした。

このお部屋タイプは一間客室ですが、少し広めの前室があります。

もちろんお風呂はついていませんし、宿の中では一番古いお部屋です。

それでも三位になって、なんとなく嬉しくなりました。

宿は昭和初期に建てられた木造建築です。

山水閣は那須御用邸にとても近い宿ですが、

御用邸が出来たのが大正15年、付属邸が出来たのが昭和10年。

山水閣はちょうど真ん中くらいに出来て、その頃の雰囲気をなんとなく感じられる

と、勝手に思っているのです。

窓枠は木で、鍵はねじ式、建具の尺も今では見ないサイズ。

ちょっと床が歪んでいたりしますが、角部屋で長めのいい部屋です。

 

   

 

   

 

実はこのお部屋にしか泊らないよってお客様もいらっしゃるのです。

  • 2017.03.12(日)
  • お 知 ら せ お 部 屋 の コ ト

2017年3月10日<山小屋 山水閣>のご報告

震災から月日が流れ、薄れていってしまう記憶とならないように

山水閣が年に一度だけ<山小屋 山水閣>になる日があります。

私たちの思いに賛同してくださり、ご宿泊いただきましたお客様に

スタッフ一同、心より感謝申し上げます。

「限られたエネルギーであることを意識し、極力エネルギーを使わない」

「また、あの日のようなことが起きた場合、私たちにできることは何か」

私たちが学んでいくことを、考えていくことを忘れないよう山小屋 山水閣はあります。

 

 

  

 

山小屋では電気を使う暖房を使用しません。アラジンストーブを1台ずつメンテナンスします。

夕食のお品書きは普段はコピーを使用します。この日は全てのお客様の分を手書きします。

 

  

 

館内を照らす光は非常等とキャンドルです。売店を覗きにきたお客様は

「明日、朝に見ます―」と笑いながら、目を凝らしていらっしゃいました。

 

  

 

私たちスタッフも陽のあるうちに準備を整えらます。「電気を使わない」、たったそれだけのことで

業務の内容も大幅に変わり、優先順位も大きく変わります。

そして、昼から舞っていた雪は夕方にはうっすらと積もり、あたりは雪化粧をしました。

館内も冷えはじめ、スタッフ、お客様ともにいつもより厚着です。

通常は夕食の時間はお客様後にご希望をお伺いして、その時間でご用意いたしますが、

山小屋では皆様同じ時間に始めていただきます。

調理にかかる時間、暖房をまとめることなど、細かなことですが、ひとつひとつを考えていきます。

 

   

 

今回は新しい試みをしました。

山小屋山水閣で堂々と電気を使用します。寒空のこの一か所だけは。

実際に電気が使えなくなった場合でも、携帯やタブレット、PCの充電だけは!と

多くの人が切に願うのではないでしょうか。その時に備え、実験を含めての電気使用です。

山水閣の社用車は電気自動車です。NISSANのe-NV200です。

この車は「走る蓄電池」と公式サイトに書いてありました。

ここから電気を取り、携帯をどれだけ充電できるか。

結果は、充電がほとんどない携帯を7台連続充電しても、まだまだ充電できる!!

1000wで8時間の電気が使えるとなっていますが、環境や使用状況によっての

差もあると思いますし、必要になった場合、どう活用するかを考えるきっかけになりました。

 

  

 

毎年多くのお客様が楽しみにしてくださっているのが「焚き火バー」です。

マスターはお酒を作るプロですが、野外の火の扱いは不得意です。

那須高原自然学校の皆さんの協力を得て、安全に焚き火とお酒を楽します。

今年はウェルカムマシュマロとウェルカムグンテをご用意しました。

そして焚き火バー2017限定オリジナルカクテルは<ソウナンデス>。

を真面目に作った<ソウナンデス>。

 

  

 

お客様もスタッフも一緒になって火を囲み、自然と震災の頃の話をしたり

エネルギーの話をしたり、なんでこんなプランを作ったのかという話になったりします。

昨日の一番人気は「手焼きせんべい」。売店でも販売している古谷農産さんのおせんべい。

炭火でこんがり、アツアツなおせんべいを食べました。

自然の恵みに感謝しながら、24時間温泉に入れる幸せもあります。

煙にいぶされて、冷えた体を温泉に入って温めます。

 

山小屋 山水閣でご宿泊いただいたお客様がチェックアウトした後、宿は通常に戻りました。

ひとつひとつの電源を入れ、コンセントを差し込み、照明を点け、暖房にスイッチをいれる。

準備をするにも時間と手間がかかります、当日は不便で暗くてワタワタします。

復旧させるにも時間がかかります。それでも、山水閣として毎年続けていくことは

これからも忘れないため、いざというときに私たちにできることに備えます。

また、来年の<山小屋 山水閣>でお会いしましょう。

 

 

 

  • 2017.03.11(土)
  • お 知 ら せ 宿 泊 プ ラ ン

スタッフの好きな部屋 第二位「東雲」

第二位は特別室のひとつ、「東雲」でした。

また、これも意外な結果になったのでした。

特別室は全部で3室あり、

一番広いお部屋が「朱雀」、そして「梧桐」とあって

お部屋が他の2室より狭くて、料金も少しお安いこの部屋が

第二位になりました。

理由も色々ありました。(あくまでもスタッフの好みですが・・)

・ 壁がないから過ごしやすい

・ いろいろ近くてゴロゴロできる

・ お風呂が落ち着く

・ お風呂の窓が閉まる

・ 部屋の作りが好き

何となく我が家みたいな気分になるようです。

広々と過ごしてもらいたいと思って、宿では毎年少しずつ改装をしているのですが

どうやら、こじんまりと落ち着く部屋も好ましいようです。

 

   

 

 

  • 2017.03.09(木)
  • お 知 ら せ お 部 屋 の コ ト

スタッフの好きな部屋 第一位「河鹿」

1月に発表したスタッフの選ぶ好きな部屋ランキング。

ようやく、一部屋ずつ紹介することができます!!お待たせしました。

このお部屋が1位になるとは・・、ちょっと想像していませんでした。

3階の一番奥にある、二間客室憩いのお部屋です。

2016年の春にできたばかりの、一番新しいお部屋です。

実は、お部屋の広さでいえば、特別室よりも広くて、

山水閣で一番広いお部屋なんです。(お風呂はないですが)

なんでこの部屋が好きなのか、色々出てきた理由です。

・眺めがよい

・解放感がある

・フローリングのリビングがいい

・寝室が暗くて好き

・洗面所の鏡が大きい

・ゴロゴロできそう

まあ、さまざまな理由が並びました。

   

 

   

スタッフなんて限られた数ですが、きっとお客様にとっては

もっと色々と、感じたり、思うところがあるのだろうと思いました。

 

 

 

 

  • 2017.03.06(月)
  • お 知 ら せ お 部 屋 の コ ト
前の記事へ   |   次の記事へ

山水閣通

カテゴリー

アーカイブ

TOPへ